20170912外観

埼玉県桶川市の古民家再生プロジェクト

2017年4月

埼玉県桶川市小針領家という土地で、ある古民家に出会いました。

大きな梁で支えられたこの家は、築100年を越える立派な2階建てのお家でした。

およそ300坪の広いに庭には、竹林があり、筍も取れるそう。

 

この家の佇まいを残しつつ、新しいカタチに再生出来ないか。

そう思ったのが始まりでした。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blog

床解体。土間を目指して。

1階の床を壊していきます。   この黄色部分を土間にしたいと 続きを読む …

blog

1F室内ビフォーアフター

掃除前後の写真   1 玄関周りは壁も解体しました。 2 3 続きを読む …

blog

木の伐採

うちの敷地には、立派な木が数多く生えてます。 が、どれも長い間手入れさ 続きを読む …