床解体。土間を目指して。

1階の床を壊していきます。

 

この黄色部分を土間にしたいと考えています。

この玄関部分は、建設当時元々土間だったものを改築して床を作っていたのだと思われます。

ここの床を剥がすと、他の場所に比べ新しい材木が出てきました。作りも新しいです。

床を剥がし、根太を剥がし、大引だけの状態に。

 

奥の和室2部屋も土間にします。

こちらは、古民家建設当時の床下です。玄関部分とは、作りが異なります。

別の場所で柱として使われていたと思われる材木を、再利用して大引として使われていたりします。これはいつの材木なんだろうか。。。

というか、石の上に乗ってるだけなんですね笑 これで建物がもつなんて。

次回は、この大引たちも解体していきます。

カテゴリー: blog
投稿を作成しました 23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る